カード

安心できる業者かどうか

カードローンを利用するのであれば、金利は気にする方が多いです。低ければそれだけ利息の発生する金額も少ないからです。カードローンの金利を比較する際には、上限利率を見ます。上限が他社よりも低いローンを選ぶことです。

模型と硬貨

低金利・長期間の借入

資金調達方法には様々なものがありますが、不動産を所有している場合には、不動産担保ローンを活用することで低金利・長期間での借り入れが可能になります。資産を担保にするリスクはありますが、金利を下げて、返済の負担を軽減することができるので借り換えなどに向いています。

住宅模型

住宅を買うと税金が戻る

税金があがるなどすると、住宅など高価なものは大きく価格が変動する。今、住宅を買うことを検討している人は、住宅ローン控除を活用しよう。年末のローン残高の1%が10年間税金から控除される。ただし、年末調整では還付されず、確定申告が必要である。

クレジットカード

所得証明提出条件

審査が早い特徴がある消費者金融のカードローン、借入限度額50万円以上は所得証明書の提出が必要になります。50万円以下の借入限度額希望でも他社で利用しているカードローン残高合計が100万円以上なら提出が必要です。

紙幣

大手銀行がお勧めです

急にお金を用意する必要がある時も多いため、カードローンを利用したい人が増えています。なるべく低金利で融資を受けたい人には、銀行カードローンがお勧めです。消費者金融や信販会社に比べると低金利で利用できるので、長期的な借り入れをしたい人にお勧めです。

種類を知ってお得に利用

硬貨

それぞれのメリットは

出費が多く給料日まで期間がある場合、急に予定が入ってお金が必要になったときなどに便利に使えるのがカードローンです。一口にカードローンと言っても種類があり、分類すると消費者金融、銀行系、ネット銀行系、信用金庫系、信販系、労働金庫系、JA系の7種類に分けられます。これらの中で、審査に時間がかからないのは消費者金融系のカードローンです。すぐにお金を借りられるのが、消費者金融の最大の特徴と言えるでしょう。消費者金融には融資を申し込めば最短即日にお金を借りられ、他のカードローンと比べると圧倒的にスピーディーな審査をしています。また、無利息サービスがあるのも消費者金融の特徴で、初回借り入れの方は1ヶ月間借りたお金に金利が付きません。お金をかりるときに気になるのは金利のことですが、金利が安いのは労働金庫やJA系のカードローンが一番安くなります。最近、広告などで見かける機会も増えた銀行系のカードローンも金利は低い部類に入ります。銀行のカードローンは貸金業法の規制を受けないため、借入限度額が大きいのも特徴です。くわえて、銀行からお金を借りるという安心感を得られるのもメリットと言えるでしょう。労働金庫は原則的に組合員以外は借り入れができませんが、組合員の方は低金利で借りられるので入り用のときは利用してみるといいかもしれません。JA系のカードローンは会員でない場合でもお金を借りられるケースもあり、こちらも低金利が特徴なので審査を受けて見る価値はあると言えるでしょう。

Copyright© 2018 お得にカードローンを利用しよう【金利を比べて賢く借りるべし!】 All Rights Reserved.